top of page

排水処理のお困りごとを診断・解決致します。
お気軽に
お問い合わせ下さい。

VOC

揮発性の高い有機化合物をVOC(Volatile Organic Compounds)という。代表的なVOCとして、アセトン、トルエン、キシレン、フェノールなどがある。


揮発性の高いVOCでも、生分解性が高い場合は、活性汚泥で十分に分解処理が可能である。生分解性の高いVOCは、曝気槽流入後、速やかに希釈、および分解菌への吸収がおこり、曝気槽内の濃度を低く抑えることが出来る。その結果、曝気によるVOCの大気中への拡散も抑えられる。


臭気物質(VOC)に対し、条件によっては、曝気槽を生物脱臭装置として利用することも可能である。

関連記事

すべて表示

フェノール

フェノールは、各種化成品の原料として広く用いられている有機化合物であり、化学、医薬品工場からの排水に含まれていることが、しばしばある。 排水生物処理の観点からは、「生分解性は良好であるが、活性汚泥への阻害性が強い。」という特徴がある。従って、阻害性が出ないように曝気槽内のフ...

生分解性試験(分解度試験)

生分解性試験(分解度試験)とは、環境中における有機物の生分解性を評価する試験のことである。 有機物の活性汚泥による生分解性も、生分解性試験により予想出来る。 生分解性試験として、多くの手法が提唱されている。各生分解性試験の基本的な流れは、以下の通りである。...

生分解性

化学物質の微生物による分解可能性を生分解性という。 排水の生物処理においては、活性汚泥中の細菌により、曝気槽の滞留時間内に分解可能であれば、生分解性が高い(十分)といえる。 生分解性の低い物質(難分解性物質)が排水中に増加すると、処理水のCODMnは増加傾向となる。...

本用語集に関する疑問点など、お気軽にお問い合わせ下さい。
 

bottom of page