top of page

排水処理のお困りごとを診断・解決致します。
お気軽に
お問い合わせ下さい。

原生動物

細胞内に核があり、動物的な性質を示す単細胞生物を、一般的に原生動物という。

サイズは、50~100μmのものが多い。活性汚泥中では、細菌を捕食する。

活性汚泥中に出現する原生動物から、処理水質や負荷の状況を、ある程度判断することが出来る。原生動物は、阻害物質への感受性が非常に高い。原生動物が急に観察されなくなった場合は、何らかの阻害物質が流入した可能性がある。

活性汚泥に出現する代表的な原生動物として、ツリガネムシ(Vorticella)、アルセラ(Arcella)、アメーバ(Amoeba)、などがいる。

関連記事

すべて表示

活性汚泥

曝気液とも呼ばれる。 有機物を直接分解する細菌、および細菌を捕食する原生動物、後生動物などから成り立っている。 活性汚泥による排水生物処理の中心は、細菌である。従って、生物処理を管理するためには、「細菌が働きやすい環境(各種条件)」を整える必要がある。 【各種条件】...

阻害物質(毒性物質)

活性汚泥に悪影響を与える物質を阻害物質という。阻害性物質が活性汚泥に流入すると、 ・発泡 ・バルキング(糸状性バルキング、粘性バルキング) ・曝気槽のDO上昇(活性汚泥の酸素消費量が低下するため) ・処理性(BOD、CODMn)の悪化 ・沈殿槽での汚泥浮上...

本用語集に関する疑問点など、お気軽にお問い合わせ下さい。
 

bottom of page