top of page

排水処理のお困りごとを診断・解決致します。
お気軽に
お問い合わせ下さい。

亜鉛

亜鉛は、DNA合成など生物にとって重要な役割を担っている。活性汚泥中の微生物にとっても、亜鉛は必須の微量元素である。一方で、亜鉛濃度が高すぎると、阻害物質となる。


亜鉛を含む薬剤(一部の消臭剤など)を排水生物処理装置の上流で大量に使用すると、活性汚泥が不調となる場合があり、注意が必要である。

関連記事

すべて表示

阻害物質(毒性物質)

活性汚泥に悪影響を与える物質を阻害物質という。阻害性物質が活性汚泥に流入すると、 ・発泡 ・バルキング(糸状性バルキング、粘性バルキング) ・曝気槽のDO上昇(活性汚泥の酸素消費量が低下するため) ・処理性(BOD、CODMn)の悪化 ・沈殿槽での汚泥浮上...

微量元素

生物に必須の元素うち、生体内の濃度が比較的少ない元素のことを微量元素という。代表的な微量元素としては、鉄、亜鉛、銅、マンガン、モリブデンがある。 他の生物と同様に、活性汚泥中の微生物にとっても、微量元素は必須である。微量元素が不足すると、活性汚泥にも様々な障害が出る。...

Comentários


本用語集に関する疑問点など、お気軽にお問い合わせ下さい。
 

bottom of page