top of page

排水処理のお困りごとを診断・解決致します。
お気軽に
お問い合わせ下さい。

微量元素

生物に必須の元素うち、生体内の濃度が比較的少ない元素のことを微量元素という。代表的な微量元素としては、亜鉛、マンガン、モリブデンがある。


他の生物と同様に、活性汚泥中の微生物にとっても、微量元素は必須である。微量元素が不足すると、活性汚泥にも様々な障害が出る。


公共下水では、多種多様な排水が流入しているため、微量元素が不足することはない。一方、石油化学系や、電子材料系の工場排水では、排水中の微量元素が非常に少ない場合があり、生物処理に各種不具合が出ることがある。


嫌気生物処理では、排水中の微量元素が不溶化しているため、生物学的利用能が低下している場合が多い。その結果、微量元素を嫌気細菌が利用できなくなり、結果として、微量元素不足となることがある。微量元素不足解消のため、微量元素主体の栄養剤が添加されることが多い。

関連記事

すべて表示

生物学的利用能

バイオアベイラビリティとも呼ばれる。生物が、栄養成分を利用できる割合のこと。 活性汚泥中の細菌にとって、不溶化した(固形の)栄養成分は吸収、利用することが出来ず、生物学的利用能が低い。 例えば、リン酸アルミニウムは、ほとんど水に溶けないため、活性汚泥中の細菌は利用することが...

Comments


本用語集に関する疑問点など、お気軽にお問い合わせ下さい。
 

bottom of page