top of page

排水処理のお困りごとを診断・解決致します。
お気軽に
お問い合わせ下さい。

NMP(の分解、除去)

NMP(N-メチルピロリドン)は、高分子化学の工場で幅広く用いられている有機溶媒の一つ。

分子式はC5H9NOであり、窒素成分も含む。


生物処理(活性汚泥)により、生分解して、除去可能である。既設の活性汚泥で新たに処理する場合は、処理水の全窒素の増加や、硝化反応によるpHの低下などに注意が必要である。


硝化脱窒フローを用いれば、窒素成分の除去も可能である。硝化脱窒反応は比較的スムーズに進行するが、脱窒槽にNMPが多く残存する場合は、硝化速度が低下する傾向がある。

関連記事

すべて表示

硝化

アンモニア態窒素が、亜硝酸態窒素を経て、硝酸態窒素まで変化する(酸化される)反応を硝化という。 活性汚泥中の硝化反応は、硝化菌により行われる。

循環式硝化脱窒法

有機物処理、窒素除去を同時に行える方法として現在主流となっている方法が、循環式硝化脱窒法である。脱窒反応、BOD除去、硝化反応を一連のフローで実施する。

有機溶媒

石油・化学系工場の排水処理設備では、有機溶媒(有機溶剤)を活性汚泥処理することも、一般的である。 活性汚泥による生物処理が可能な有機溶媒としては、 ・アセトン ・酢酸 ・DMSO(ジメチルスルホキシド) ・DMAC(ジメチルアセトアミド) ・NMP(N-メチルピロリドン)...

本用語集に関する疑問点など、お気軽にお問い合わせ下さい。
 

bottom of page