top of page

排水処理のお困りごとを診断・解決致します。
お気軽に
お問い合わせ下さい。

SDS

化学物質の性状や取り扱いに関する情報を提供するための文書として、SDS(安全データシート:Safety Data Sheet)がある。


SDSの「環境影響情報」欄には、対象化学物質の生分解性分解度試験結果)や、阻害性(活性汚泥呼吸阻害試験結果)が記されている場合がある。


活性汚泥に新たな化学物質が流入し、処理性や運転性への悪影響が懸念される場合、まずはSDSを確認すると良い。

関連記事

すべて表示

活性汚泥呼吸阻害試験(阻害性試験)

活性汚泥呼吸阻害試験とは、化学物質が下水処理場などに流入した場合に、活性汚泥に悪影響(有機物処理性低下や、死滅)を与える濃度を調べるための、環境影響評価試験である。 本試験により低濃度でも阻害性が確認された化学物質は、阻害物質と判断される。...

生分解性試験(分解度試験)

生分解性試験(分解度試験)とは、環境中における有機物の生分解性を評価する試験のことである。 有機物の活性汚泥による生分解性も、生分解性試験により予想出来る。 生分解性試験として、多くの手法が提唱されている。各生分解性試験の基本的な流れは、以下の通りである。...

生分解性

化学物質の微生物による分解可能性を生分解性という。 排水の生物処理においては、活性汚泥中の細菌により、曝気槽の滞留時間内に分解可能であれば、生分解性が高い(十分)といえる。 生分解性の低い物質(難分解性物質)が排水中に増加すると、処理水のCODMnは増加傾向となる。...

Comments


本用語集に関する疑問点など、お気軽にお問い合わせ下さい。
 

bottom of page