top of page

排水処理のお困りごとを診断・解決致します。
お気軽に
お問い合わせ下さい。

生分解性

化学物質の微生物による分解可能性を生分解性という。


排水の生物処理においては、活性汚泥中の細菌により、曝気槽の滞留時間内に分解可能であれば、生分解性が高い(十分)といえる。


生分解性の低い物質(難分解性物質)が排水中に増加すると、処理水のCODMnは増加傾向となる。


排水や化学物質の生分解性は、分解度試験により、確認可能である。また、化学物質の生分解性は、SDSの「環境影響情報 」欄に記されている場合もある。


【参考】

関連記事

すべて表示

酸化還元電位(ORP)

溶液に含まれる成分の酸化力と還元力の差を酸化還元電位(ORP)という。単位はmV。 プラスで大きいほど、酸化されやすい状態、マイナスで大きいほど、還元されやすい状態である。 排水処理の分野では、脱窒槽の嫌気状態を酸化還元電位で確認する。 原水槽などの酸化還元電位が極端に低いと硫化水素など嫌気性ガスが発生しやすい。

散気管

散気装置、ディフューザーとも呼ばれる。曝気する際に、気泡を小型化し、酸素溶解効率を高めるための装置。 ・メンブレンタイプ ・多孔質タイプ ・阻流円筒タイプ などのタイプがある。 各タイプとも、酸素溶解効率、圧損、詰まりやすさ、メンテンナンス性、商品寿命などに、一長一短がある。 一般的に、排水処理設備を導入する際は、酸素溶解効率を5~9%程度として基本設計を実施する。 それを大きく上回る(20%以上

酸素溶解効率

曝気したエアー中の酸素が、曝気液に取り込まれる割合のこと。 酸素溶解効率が低下し、必要な酸素量が曝気液に供給出来なくなると、酸素不足による弊害が出る。 他の条件が同じであれば、曝気した泡のサイズが小さいほど、酸素溶解効率は増加する。 排水処理設備で発生する電気代の大半は、曝気ブロワによるものである。酸素溶解効率を高く出来れば、大幅な省エネが達成できる。 酸素溶解効率低下の原因としては、 ・散気管の

Comentários


本用語集に関する疑問点など、お気軽にお問い合わせ下さい。
 

bottom of page