top of page

排水処理のお困りごとを診断・解決致します。
お気軽に
お問い合わせ下さい。

水質検査試験紙・キット

水質検査試験紙・キットを使用すれば、排水処理設備運転管理に必要な項目を「現場で」「簡単に」「早く」「安価に」分析することが出来る。


水質検査試験紙・キットの使用方法は、

「①試験紙を対象サンプルに浸す。②数10秒~数分待つ。③比色表で判定する。」

など、非常に簡単なものが多い。


水質検査試験紙・キットの分析精度は、公定法(分析機関による測定)と比較すると劣る。しかし、排水処理設備運転管理の参考用としては、十分な精度である場合が多い。


水質検査試験・キットにより分析可能な項目としては、

・残留塩素

などがある。


例えば、水質検査試験紙・キット使用することで、処理水のアンモニア態窒素やりん酸態りんを随時参考しながら、栄養剤の添加量を最適化したり出来る。

関連記事

すべて表示

アンモニア態窒素

窒素成分のうち、アンモニアに由来するものをアンモニア態窒素という。NH4-Nと表記される。 アンモニア態窒素は、タンパク質など、窒素を含む有機物(有機態窒素)の分解により発生し、pH上昇の原因にもなる。 アンモニア態窒素などの無機態窒素は、活性汚泥の窒素源として必須である。...

亜硝酸態窒素

窒素成分のうち、亜硝酸に由来するもの亜硝酸態窒素という。NO2-Nと表記される。 亜硝酸態窒素が処理水に含まれると、有機物ではないが、CODMnとして検出される。また、BODとして検出される(n-BOD)可能性もある。有機物処理に問題がないのにCODMnやBODが高い場合は...

硝酸態窒素

窒素成分のうち、硝酸に由来するものを硝酸態窒素という。NO3-Nと表記される。 硝酸態窒素が活性汚泥中や処理水中に増加すると、 ・全窒素増加 ・pH低下 ・沈殿槽での汚泥浮上 等の問題が発生しやすい。 硝酸態窒素は水質検査試験紙により、現場でも簡便に測定出来る。

Comments


本用語集に関する疑問点など、お気軽にお問い合わせ下さい。
 

bottom of page