top of page

排水処理のお困りごとを診断・解決致します。
お気軽に
お問い合わせ下さい。

SVI (汚泥容量指標)

SVI(Sludge volume index)とは、活性汚泥の沈降性を示す指標の1つである。汚泥容量指標、または汚泥容積指標とも呼ばれる。


活性汚泥は、MLSSの値が大きいほど(固形物の濃度が濃いほど)、沈み難く(濃縮し難く)なり、SVの値も大きくなる。そこで、SVIでは、SVをMLSSで割ることで、活性汚泥の正味の沈みやすさ(濃縮しやすさ)を評価している。


SVIの計算式は、

SV÷MLSS」×10000

である。


SVIの単位は、ml/gである。


例えば、SVが60%、MLSSが3000mg/Lの活性汚泥のSVIは、

60÷3000×10000=200ml/g

と計算される。


正常な活性汚泥のSVIは、50~150ml/g程度である。SVIが200ml/gを超えている場合、活性汚泥の沈降性は悪化しており、バルキング(膨化)と判断される。沈殿槽の界面は不安定で、上昇傾向になる。


バルキングには様々なタイプがあり、その中でも、糸状性バルキング粘性バルキングの場合には、SVIが300ml/gを超えることもある。各種分析や、活性汚泥の顕微鏡観察により、原因を追求、対応することで、解決が期待される。


なお、SVが90%を超えている場合のSVIは、過小評価されている可能性が高い。

例えば、SV30が99%でMLSSが15000mg/Lの場合、SVIは66ml/gと計算され、バルキングではない、と判定されてしまう。実際はバルキングであっても、SVIの値は小さくなり、見逃されてしまうので、注意が必要である。

そのような場合は、SVが30〜60%程度となるように活性汚泥を希釈し、そのSV値でSVIを計算すると良い。このように希釈して測定したSVIは、DSVIと言う。

関連記事

すべて表示

バルキング

バルキングとは、活性汚泥の凝集性、沈降性(SVI)が悪化する現象である。膨化とも呼ばれる。 バルキング状態の活性汚泥では、SVIは200ml/g以上になる。沈殿槽の汚泥界面は上昇し、処理水量が限界以上に増加すれば、活性汚泥が沈殿槽から流出(キャリーオーバー)する。...

糸状性バルキング

糸状性バルキングとは、糸状菌(糸状性細菌)の異常増殖を原因とするバルキングのことである。 汚泥沈降性悪化時に活性汚泥を顕微鏡観察し、糸状菌が多く観察されれる場合は、糸状性バルキングと判断される。 フロックを形成しない糸状菌の影響で周囲の水への抵抗は増加し、汚泥の沈降性は悪化...

SV(活性汚泥沈殿率)

SVとは、活性汚泥の沈降性を示す指標であり、メスシリンダー中で一定時間汚泥を静置した際の、汚泥の割合のことである。活性汚泥沈殿率とも言われる。沈殿槽界面を管理するのに、最も重要な測定項目の一つ。 30分静置した場合は、SV30と言う。...

本用語集に関する疑問点など、お気軽にお問い合わせ下さい。
 

bottom of page