top of page

排水処理のお困りごとを診断・解決致します。
お気軽に
お問い合わせ下さい。

BOD汚泥負荷 (BOD-SS負荷)

BOD汚泥負荷とは、活性汚泥1kg(乾物換算)が1日に処理するBOD量のことである。

BOD-MLSS負荷や、BOD-SS負荷ともいわれる。また、F/M比(food microorganism ratio)といわれることもある。


BOD汚泥負荷の計算式は、

「排水BOD濃度(mg/L)×排水量(m3/D)」÷「MLSS(mg/L)×曝気槽容量(m3)」

であり、

単位は、

「kg/kg・D」

である。


標準的な活性汚泥設備におけるBOD汚泥負荷は、0.1〜0.4 kg/kg・Dである。


BOD汚泥負荷は、汚泥の沈降性(SVI)と密接な関係がある。BOD汚泥負荷が高すぎても、低すぎても汚泥の沈降性は悪化する。

硝化脱窒処理を行う場合や、難分解性の排水を処理する場合、BOD汚泥負荷の適正値は、低くなる傾向がある。

また、BOD汚泥負荷が高いほど、汚泥転換率は増加する傾向にある。


BOD汚泥負荷の適正値を一般化することは難しい。自社排水処理設備にとっての適正値を、運転を重ねることで、見つけていくことになる。

関連記事

すべて表示

BOD(生物化学的酸素要求量)

生物化学的酸素要求量。水中の有機物の量を、微生物による酸化分解時に消費される酸素の量で表したもの。BODが高ければ、生物分解可能な有機物が多く含まれていると判断される。 BODの分析値は、測定条件(植種する汚泥など)により、大きくバラつく。同じ排水サンプルでも、依頼する測定...

汚泥転換率

排水処理設備が処理した有機物量に対する汚泥の発生量を、汚泥転換率と言う。 例えば、BOD汚泥転換率とは、BOD流入量(kg)に対する、汚泥の増加量(kg)であり、 「余剰汚泥濃度(mg/L)×余剰汚泥引き抜き量(m3/日)」÷「排水BOD濃度(mg/L)×排水量(m3/日)...

SDS

化学物質の性状や取り扱いに関する情報を提供するための文書として、SDS(安全データシート:Safety Data Sheet)がある。 SDSの「環境影響情報」欄には、対象化学物質の生分解性(分解度試験結果)や、阻害性(活性汚泥呼吸阻害試験結果)が記されている場合がある。...

댓글


本用語集に関する疑問点など、お気軽にお問い合わせ下さい。
 

bottom of page