top of page

排水処理のお困りごとを診断・解決致します。
お気軽に
お問い合わせ下さい。

自己消化

生物が、自分の体の成分を分解することを自己消化という。自己分解ともいわれる。


活性汚泥においても、低負荷運転時や休転時は、自己消化(MLSSの低下)が確認される。活性汚泥の自己消化は「共食い」と言われることも多い。


通常の負荷時も自己消化は起こっているが、その場合は、自己消化量よりも増殖量が勝るため、自己消化を数値として確認することは出来ない。


BOD汚泥負荷を低く運転すると汚泥転換率が低下するのは、自己消化が促進されるためである。


休転後に曝気槽内のMLSSが低下し、処理水の全窒素全リンが増加するのは、自己消化によるものである。


汚泥貯槽の滞留時間を増加し、自己消化の働きを十分活用することが出来れば、余剰汚泥削減につなげることが出来る。滞留時間の増加によりどの程度自己消化するかは、排水処理設備により異なるが、事前のビーカーテストで確認できる。

関連記事

すべて表示

低負荷(障害)

排水処理設備本来の能力以下の負荷(排水)が続き、活性汚泥が不調となること。 フロックの性状は悪化し、処理水にSSが混入するようになる。また、活性汚泥の排水処理能力も低下する 低負荷が続くのであれば問題はにはならないが、低負荷が継続し、活性汚泥の能力が低下した状態で通常時の負...

汚泥転換率

排水処理設備が処理した有機物量に対する汚泥の発生量を、汚泥転換率と言う。 例えば、BOD汚泥転換率とは、BOD流入量(kg)に対する、汚泥の増加量(kg)であり、 「余剰汚泥濃度(mg/L)×余剰汚泥引き抜き量(m3/日)」÷「排水BOD濃度(mg/L)×排水量(m3/日)...

余剰汚泥

余剰汚泥とは、曝気槽内のMLSS濃度を一定にするために引き抜いた、余りの活性汚泥のことである。 余剰汚泥削減のためには、 ・汚泥転換率の低下 ・脱水性の向上 が必要となる。 【参考】 酸化促進型の汚泥減量剤→ ソーレス お気軽にお問い合わせ下さい。

本用語集に関する疑問点など、お気軽にお問い合わせ下さい。
 

bottom of page