top of page

排水処理のお困りごとを診断・解決致します。
お気軽に
お問い合わせ下さい。

界面活性剤

排水には、界面活性剤が含まれていることがしばしばある。


界面活性剤によっては、生物処理施設に混入することにより、

・曝気液、処理水の発泡

・処理性の低下(未処理の界面活性剤により、処理水BODCODMnの悪化)

・汚泥性状、沈降性(SVSVI)の悪化

酸素溶解効率の低下

などの悪影響が出る。


一方、界面活性剤には生分解性が高いものも多く、曝気槽内で速やかに分解されれば、上記の弊害が発生することはない。従って、界面活性剤による弊害の調査には、生分解性試験が有効である。


また、生分解性の低い界面活性剤でも、オゾンによる前処理等で、生分解性が向上する場合がある。


界面活性剤により生じている問題が発泡のみの場合は、適切な消泡剤を添加することで、解決する場合も多い。

関連記事

すべて表示

発泡

発泡は、活性汚泥処理において多く見られるトラブルの1つである。 曝気槽や処理水発泡の原因は、 ・原水由来 ・活性汚泥由来 の2つに大別される。 原水由来の場合は、原水に界面活性剤や高分子等の発泡性の成分が含まれている。 活性汚泥由来の場合は、...

酸素溶解効率

曝気したエアー中の酸素が、曝気液に取り込まれる割合のこと。 酸素溶解効率が低下し、必要な酸素量が曝気液に供給出来なくなると、酸素不足による弊害が出る。 他の条件が同じであれば、曝気した泡のサイズが小さいほど、酸素溶解効率は増加する。...

生分解性試験(分解度試験)

生分解性試験(分解度試験)とは、環境中における有機物の生分解性を評価する試験のことである。 有機物の活性汚泥による生分解性も、生分解性試験により予想出来る。 生分解性試験として、多くの手法が提唱されている。各生分解性試験の基本的な流れは、以下の通りである。...

コメント


本用語集に関する疑問点など、お気軽にお問い合わせ下さい。
 

bottom of page