top of page

排水処理のお困りごとを診断・解決致します。
お気軽に
お問い合わせ下さい。

BOD/COD Cr比率

BODCOD Crの比率(BOD/CODCrの数値)を見ることで、排水や化学物質の、活性汚泥による生分解性を簡便に推測できる。


一般的に、BOD/COD Cr比率が0.4を超えていれば、その排水や化学物質は、生分解性が高い(易分解性)と推測出来る。例として、易分解性であるメタノール、グルコースのBOD/COD Crは、それぞれ、0.6程度、0.5程度である。

なお、生分解性が相当高い物質でも、BOD/COD Crが0.8を超えることは稀である。これは、BOD測定時には、有機物は一旦菌体に変換され、その結果、有機物が100%酸化されることはないからである。


化学物質の化学式から計算したTOD(全酸素消費量)による、BOD/TOD比率でもBOD/COD Cr比率と同等の傾向となる。


ただし、BOD/COD Cr比率では、馴養により生物処理が出来るようになる可能性が分からない。

例えば、DMSO(ジメチルスルホキシド)のBOD/CODCr比率は0.1以下となり、難分解性と判断される。しかし、実際には活性汚泥による生物処理が可能である。これは、BOD測定に使用する種汚泥がDMSOに馴養されていないため、BODが過小評価されるためである。


一方、難分解性成分を少量含む排水では、BOD/COD Cr比率が高くても、生物処理後のCODMnは高くなることが多い。難分解成分以外の易分解成分だけで、BOD値は高く測定されることがあるためである。


馴養や、難分解成分の影響も考慮した生分解性の詳細な検討には、「長期間のBOD分析」「分解度試験」「連続試験」が有効である。


【参考】

ドリコの請負試験(分解度試験、連続試験)紹介ページ →請負試験

関連記事

すべて表示

連続試験

生物処理装置の設計や、運転条件の検討のためには、連続試験が有効である。 数L〜数10Lのテスト装置を使用し、 ・フロー ・滞留時間 ・原水組成 ・BOD汚泥負荷 ・BOD容積負荷 ・温度 などを計画中設備、既設設備と同等にして実施すれば、 ・最大負荷 ・負荷変動への対応...

生分解性試験(分解度試験)

生分解性試験(分解度試験)とは、環境中における有機物の生分解性を評価する試験のことである。 有機物の活性汚泥による生分解性も、生分解性試験により予想出来る。 生分解性試験として、多くの手法が提唱されている。各生分解性試験の基本的な流れは、以下の通りである。...

BOD(長期間)

一般的に、BODとは5日間の生物化学的酸素要求量「BOD5」のことである。しかし、BOD5では、活性汚泥で生物分解可能な有機物の全てを検出することができない。サンプルに含まれていた細菌や、植種した細菌が5日間に生物分解出来る有機物は、限られているためである。...

Opmerkingen


本用語集に関する疑問点など、お気軽にお問い合わせ下さい。
 

bottom of page