top of page

排水処理のお困りごとを診断・解決致します。
お気軽に
お問い合わせ下さい。

油分(油脂)

油分は、排水の生物処理(活性汚泥)にとって、処理が非常に困難な成分である。


油分の生物処理が困難な原因としては、

・水に溶けないため、細菌による吸収、分解がされにくい。

栄養塩(窒素、りん)が不足する。

・未分解の油分が活性汚泥に蓄積し、沈降性(SVSVI)が悪化する。

 その結果、適切なMLSS濃度を維持できなくなる。

糸状菌放線菌が発生しやすくなる。

・油分流入により、設計当初のBOD容積負荷を上回る。DOが不足する。

などがある。


油分含量はノルマルヘキサン抽出物質量として表せる。一般的に、排水のノルマルヘキサン抽出物質量が50mg/L程度を上回ると、生物処理は困難になる。


排水中の油分除去設備としては、オイルトラップや加圧浮上装置がある。


食品工場などにおいて、配管洗浄により配管に付着していた油分が剥がれ、曝気槽に一度に流入する場合がある。注意が必要である。配管洗浄を苛性ソーダで実施した際には、油分と苛性ソーダが反応し、石鹸が出来る。その結果、曝気槽で激しく発泡することもある。


関連記事

すべて表示

糸状菌

糸状の細菌を排水処理分野では糸状菌、または糸状性細菌という。活性汚泥中に糸状菌が異常増殖すると、沈降性が悪化する。そのような状態を糸状性バルキングという。 糸状菌発生の原因には、 ・栄養塩(窒素、りん)不足 ・微量元素不足 ・油分の大量流入 ・DO(溶存酸素)不足 ・過負荷...

放線菌

グラム陽性の細菌のうち、菌糸を形成するものを、慣用的に放線菌という。活性汚泥中に繁殖しやすい放線菌としては、ノカルディアやマイクロスリックスがある。 放線菌が曝気槽内で異常増殖すると、発泡や汚泥沈降性(SV、SVI)悪化等の問題が生じる。 発泡が激しい場合には、...

n-ヘキサン(ノルマルヘキサン)抽出物質

n-ヘキサン(ノルマルヘキサン)抽出物質とは、ノルマルヘキサンで抽出される不揮発性物質のことである。一般的に、油分等を表す指標として利用される。ノルヘキと略して呼ばれることもある。 ノルマルヘキサン抽出物質の値は、分析機関により大きく異なることがある。また、油分が採取器具や...

Comentários


本用語集に関する疑問点など、お気軽にお問い合わせ下さい。
 

bottom of page